種子島産 洗双糖【ミネラル分豊富な種子島産さとうきび】紹介

更新日:2020/07/22

洗双糖

洗双糖は鹿児島県種子島で採れたさとうきびだけを使った粗糖です。

長年、“ぐるーぷ・みるめ”では、九州の(株)鹿北製油から
分けていただいていましたが、鹿北製油の胡麻油の産地偽装が明らかになり、
取引を中止した事から、今回、洗双糖を生産しているメーカーを調べて、
業務用を分けていただきました。

種子島産 洗双糖

種子島産 洗双糖

【以下にメーカーからの紹介を掲載します。】
一般的に家庭でよく用いられる砂糖は真っ白な精製糖(上白糖など)と比べてミネラルを豊富に含んでおり、
独特の風味(甘い蜜の香り)が特徴です。

 洗双糖が精製糖と大きく違うのはその精製方法にあります。
洗双糖はサトウキビの絞り汁から不純物を取り除き、
煮詰めた後に不純物を取り除くことで出来上がります。

精製糖はさらに精製することで、不純物を取り除いていきますが、
その際に栄養分も一緒に取り除かれてしまいます。
洗双糖が精製糖に比べてミネラル分が豊富に含まれているのにはこうした理由があるわけです。

種子島はさとうきびの生産地としては北限と言われており、他の産地と比べて低気温です。
そのため、農家は手間を掛けて、うねをポリフィルムで覆うことによって地温の低下を防いでいます。
この方法は、種子島だけの特長的な方法です。

種子島産のさとうきびは他産地と比較して糖度が低く、歩留まりが悪いのが特徴です。
そのため、製糖の効率を上げるため、農家の協力を仰ぎ、
収穫前に梢頭部を手刈りしたり、収穫後にさとうきびの葉先などを手作業で取り除いてもらっています。

その結果、世界で一番綺麗なさとうきびを原料として使用することが出来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プラムフィールドで、砂糖を小分けして分け合うのは、今回が初めてですので、
まずは、やってみることにしました。

今後のことは、会員さんの感想も聴いて、取扱い品としていくかどうかも、
相談して決めたいと思います。

洗双糖の甘く、ふくよかな香りは・・やはり魅力的です❤

2020年7月22日
馬場利子記