11月2日(土)福岡事件支援~ウォン・ウィンツァン~チャリティコンサート~報告:第1報♥寄付金の報告(収益金全額376.489円を寄付いたしました)

更新日:2019/11/08

リハーサル中のウォンさん

多くの想いを繋ぐ人々と一緒に開催したチャリティコンサートは、
163名の参加をいただき、

満場の会場にピアノの音が広がりました

満場の会場にピアノの音が広がりました

ピアニストで作曲家:ウォン・ウィンツァンさんの深い想いがあふれる演奏が創り出す、
優しい時間を分かち合い、
72年前に起こった福岡事件の再審請求活動を続けていらっしゃる古川龍樹さん(熊本県・生命山シュバイツァー寺住職)のお話を伺いました。

このコンサートは、静岡県ボランティア協会が発起人となって、
『参加する事で社会活動を応援して下さい』~と呼びかけて、実行委員会形式で開催しました。

ゲストのウォン・ウィンツァンさんも、
静岡県ボランティア協会も、長年、
古川さん一家が続けてこられた活動を支援している縁で、
実現したコンサートでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加いただいた皆さんの参加費から、開催経費を出させていただき、
376.489円の収益がありました。

この収益金は、コンサートの中で、ウォンさんから古川さんに、30万円の寄付を手渡していただき、
残の76.489円は、11月7日、古川さん宛、送金をいたしました。
全額で、376.489円。皆さまのご支援にお礼を申し上げます。

収益金30万円をウォンさんより寄贈しました

収益金30万円をウォンさんより寄贈しました

会計収支後、追加の収益金を送付しました。

会計収支後、追加の収益金を送付しました。

 

 

★このチャリティ・コンサートには、ウォンさんのファンの方が、遠く長野県からも予約して下さり、
当日を楽しみにしていらっしゃいましたが、台風19号による水害で罹災され、
「まだ、家の片づけがあるので、残念ですが行けなくなりました。
参加費を当日、払うつもりでしたので代金を送ります」という連絡をいただきました。

もちろん、「予約の代金は不要ですので、ご心配なく」と被災のお見舞いをお伝えしました。
その際、「コンサートの様子をインターネットで観ることはできますか?」と聞かれ、
映像の記録は、ピアノの音の収録が難しいため、撮らない予定でしたが、
ウォンさんに相談すると、「録画しても良いですよ」と了解をいただき、
急きょ、映像記録を撮ることにしました。

■コンサートの映像記録を、追って掲載いたしますので、ご覧いただければと思います。

『参加する事で社会活動を応援してください』という呼びかけに、多くに方の協力と
参加をいただき、福岡事件再審請求活動の支援をすることができましたことを
心から、感謝いたします。

ありがとうございました。

2019年11月8日
馬場利子記