“おーぷん・みるめ”取扱い品の放射能測定結果報告◆(プラムフィールド通信4月11日号)

更新日:2018/04/12

静岡放射能汚染測定室の測定器

❤ “おーぷん・みるめ”取扱い品は、そのロット・生産地・生産年度毎に放射能測定を行い、
 測定結果を皆さんに報告しています。

今回は、5月9日(水)の“おーぷん・みるめ”取扱い品である蕎麦工房・玄庵さんの蕎麦粉の測定結果も掲載しています。ご覧ください。

_______ ◆放射能の測定結果を報告します◆________

「もろみ酢」 中野嘉兵衛商店: 測定日:2018年2月28日

 【原材料】酒粕の米:国内産(2013年)
      種酢:栃木県宇都宮市(伝来の物)
井戸水:栃木県宇都宮市(
2016年)

 【賞味期限】2020125

 セシウム137:不検出(検出限界値0.91㏃/kg)

        セシウム134:不検出(検出限界値1.04㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♥「御用蔵1ℓ」(醤油) (株)ヤマキ醸造: 測定日:2018年2月15日

 【原材料】大豆:秋田県・北海道(2015年産)
      小麦:群馬県(2014年産~2016年産)
塩:メキシコ(20168) 

 【賞味期限】201924

 セシウム137:不検出(検出限界値0.92㏃/kg)

      セシウム134:不検出(検出限界値1.08㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「バタ練生芋板蒟蒻」こだわりの味協同組合“ 桜井蒟蒻”測定日:2018年1月17日

 【賞味期限】201848

 【原材料】蒟蒻芋:広島県神石郡(201711月)

      貝殻焼成カルシウム:北海道苫小牧市(20168月)

セシウム137:不検出(検出限界値0.83㏃/kg)

   セシウム134:不検出(検出限界値0.97㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★今号で紹介している玄庵さんの蕎麦粉・生蕎麦は、産地別に測定をしました★

                玄庵:https://ameblo.jp/gen-an2016

「生そば」 蕎麦工房玄庵(藤枝市): 測定日:2018年2月21日 

 【蕎麦粉の産地】茨城県稲敷市(201710月収穫)

セシウム137:不検出(検出限界値0.80㏃/kg) 

     セシウム134:不検出(検出限界値0.92㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「そば粉」 蕎麦工房玄庵(藤枝市): 測定日:2018年1月26日

 【蕎麦の産地】茨城県筑西市(201711月収穫)

セシウム137:不検出(検出限界値0.96㏃/kg) 

     セシウム134:不検出(検出限界値1.13㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「そば粉」 蕎麦工房玄庵(藤枝市): 測定日:2017年12月7日

 【蕎麦の産地】茨城県稲敷市(201710月収穫)

セシウム137:不検出(検出限界値0.90㏃/kg)  

     セシウム134:不検出(検出限界値1.06㏃/kg)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●その他の測定結果は、『静岡放射能汚染測定室だより』(会報)にすべて掲載しています。

会報は、測定室会員で情報交換が終わった号から、
HP(http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/)に公開していますので、ご利用ください。

安心して暮らす1つの方法として、私たちは放射能の測定を続けています。

2018年4月12日
馬場利子記