“予防接種の学習会(8月6日) in 浜松”報告:必見!♪

更新日:2016/08/22

予防接種は「受けません」と云えるんですって!

ワクチントーク0806チラシ

 

プラムフィールドと繋がりのあるコンシューマネット・ジャパンの理事:古賀真子さんより、
「滋賀での研究会で出かけるので、その前の時間帯だったら、
母里啓子先生と一緒にお話しする時間を取れますよ!」と言っていただき、
小さなお子さんを持つママたちの会(浜松ママの会)にお声をかけて、急きょ、学習会を開きました!

土曜日の午後で浜松では多くのイベントが開催される中、
突然の企画に参加して下さったのは、お子さん連れの若いママさんたちに混じって、
医療関係者や、関心を持ってくださった方たちで、熱心に情報の共有をしました!!

ワクチンの事は、一般的な誤解も多く、
30年以上、予防接種について考え、活動してこられた『ワクチントーク全国』のお2人のお話は、
まさに、目から鱗のお話しが満載でした。

当日、講師が使用された資料の公開を了解していただけましたので、
その中の『知っていないと後悔するびっくり情報!』のみ、掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
❤資料提供は
資料1
予防接種についての誤解・・
 厚生労働省の審議会で、会長が発言しています!ノーと言える権利,国が保証ワクチン資料2打ってはいけない予防接種は!?ワクチン5打ってはいけない物
ワクチンって、安全なの?・・その成分を聴いてびっくりするだけじゃ済まない現実!

ワクチン4含まれるもの子宮頸がんワクチンで副作用の被害者続出!裁判も起こされているのに、
 製薬会社は使用説明書で『予防の効果は認められない」と言っている!のには、唖然!
ワクチン子宮頸がんワクチンメーカー説明書厚労省:子宮頸がんワクチン副反応実態調査

❤ワクチンは世界を独占する巨大産業!?

ワクチン生産量の推移

1国の予算よりも多いその売上げ!
 ・・WHOは、2013年に新しい病気の予防について考え方を変えました!
『ワクチン プリベンタル ディジーズ』(防げる病気は全て防ぐ)!

 病気にかかって、免疫力を付ける・・考え方から、大きく変化したWHO.

❤その結果、日本では流行もしていない病気予防のために、0歳~1歳までに15回の予防接種が行われます!
 ワクチン6長期副作用
予防接種を受けて、起こった副作用だと証明する事はとても大変な事です!
しかし、神経医療の専門家の間では、この様な症状が認識されています!!

❤必要な予防接種かどうか、保護者の自己責任で、まずはチェックしてみましょう!
ワクチン3チェックリスト❤国が決めているのだから、受けなきゃいけないと思っている貴女へ!
ワクチン8まとめ❤政治も何を消費するか(ワクチンも自分で選択して受けるものです!)も、
自分で考えるトレーニングが大切だと思います。

講師:古賀真子さんと母里啓子さんへのご質問は、
NPO法人コンシューマネット・ジャパンへ http://consumernet.jp/
      info@consumernet.jp にどうぞ❤

この学習会で講師が使用した資料全データは、以下でご覧いただけます ↓
https://www.dropbox.com/s/8kqb82x5krajtaf/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E8%AC%9B%E6%BC%9420160806%E8%B3%87%E6%96%99.pptx?dl=0
 (なお、この資料の公開は6か月間2017年2月までとします。
   その後は資料請求は、直接、プラムフィールドmail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp までご連絡ください。

 

報告:馬場利子記
2016年8月22日