米 生産者:中宇利減農薬稲作研究会

更新日:2018/06/28

あいち米

“おーぷん・みるめ”取り扱い米の紹介 

◆生産地:愛知県新城市 

◆グループ名 :中宇利減農薬稲作研究会(プラムの通称:松沢さんのお米)

◆お米の品種:早生種:みねはるか(小黒さんが1枚の田で生産)

普通種:あいちのかおりSBL(中心品種)。両品種とも愛知県の農業試験場が育成したもの。
愛知県は、コシヒカリなど全国ブランド品種より、県育成品種が多く作付けされている珍しい県です。

◆生産者:4軒   事務局 1名

小黒さん、安形さん、井原さん、【事務局】松沢政満さん

◆会の発足:1987年。

私(松沢)のゴルフ場反対運動に理解を示し、自分たちも農業での農薬を減らしたいという人たちで始めた。この研究会はモデルケースとしての位置づけで、新規の加入者は受け入れず、
希望者には新しいグループを作って活動してもらっている。
事務局仕事を増やさないことと、運動の多様な展開を目指したもので、狙いは的中したように思う。

◆米つくりの基本的約束事:
 殺虫、殺菌剤は不使用。どうしても必要と思われる状況になったら、皆で相談して対応を決める。
減農薬の決め手である施肥は、一般マニュアルの3割減。田植直後の1回の除草剤使用は認める。

◆補足説明

・少肥にすることで食味が良くなり、病虫害が激減する →30年余の実践で証明。

・良味、安全で消費者に買い支えてもらうことで、営農が可能となり、農家の営農意欲も支えられている。
→後継へつながる。多少の収量減も補って余りあり。

・会発足初期に、地域で稲のカメムシが大発生し、農協等による一斉防除の計画が出た時、
会の検討会を開き、一部の田で試験的に農薬散布を容認したら、その田だけ後にカメムシの再発、
大被害を受けたという経験を経て、今は「農薬散布は不要」が、会員の常識になっている。

・無理に有機農業化せず、村の中にごく普通に営農する、減農薬稲作の仲間が散在することに意味がある。

・有機農業よりハードルが低く、いつでも誰でも取り組めるので、地域全体での減農薬効果は大きい。

・農協主導の農薬の空中散布の計画が、当地域には入ってこない。

・村全域がゲンジボタルの里になった。ゲンジボタルは豊かな生態系回復の象徴。

報告者:松沢政満さん

お米の生産者:松沢政光さん

お米の生産者:松沢政光さん